リッチドッグ 事故物件 Youtube 動画 まとめブログ

リッチドッグ チャンネル 幽霊の言葉 サマリー

[S4-ep122]#282 ” 一大決戦 ” いよいよ人形の頭を開封!中に入っていた呪物を大公開


本題

前回までの注意事項(水とお線香の用意等)を考慮し、
いよいろ呪物人形の頭の黒い布を外した。

【使うもの】
①声まね人形
②歩く人形
③磨りガラス

※動く人形の描写や、影や音の描写は最小限にして発言を記載します。
※視聴者イラストも著作、肖像権の観点から掲載を省きます。

検証

【今までのまとめ】
①黒い ②女の一部 ③動く ④女そのもの
⑤だいずさんを捕まえている ⑥男と女が入っている
⑦女が泣いて作った ⑧女は長い髪とスカート ⑨探している
⑩『出して』『燃やして』『ごめんなさい』と言っている
⑪女が出てくる

宮本が人形の頭の布の糸をハサミで切り布が取り外されたが、
人形の頭自体は無く布の中に「髪の毛」「男性の名前が書いた紙」が入っていた。


今回はここまで

” 一大決戦 “ に関連する情報

井上尚弥、ベガス決戦で「神から授かった才能か」と米有名トレーナーが驚いた能力とは

https://the-ans.jp/news/133429/
ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。米国の名トレーナーは「神から授かった才能なのか……」と、試合で見せた“ある能力”について絶賛している。

” 一大決戦 “ 城がなければ有名な合戦も起きなかった!?

https://shirobito.jp/article/1003

戦国時代の合戦といえば、騎馬武者や歩兵たちが刀や槍を振り回す「野戦」を思い浮かべる人が多いでしょうか。ドラマや映画でも鎧武者たちがぶつかり合う合戦シーンは最大の山場。見ているだけでワクワクしますよね。しかし、この合戦にもお城が大きく関わっているって知っていましたか? 今回は、戦国時代の城と合戦の関係について解説します。

戦国時代の大名は、本拠地以外にも多数の城を築いて領地を守っていました。特に敵が侵入する可能性が高い国境は、厳重な支城網が敷かれています。これらの支城は、そのまま領地を支配する拠点にもなります。つまり、領土を広げる場合、まず敵の城を自分のものにする必要があるという訳です。

では、攻められた支城の城主はどうするのでしょう? 当然主君である大名に援軍を要請します。支城が落とされたら一大事なので、要請された大名は必ず援軍を送らなくてはなりません。この救援軍を歴史用語で「後詰め(ごづめ)」と呼びます。そして、支城に到着した後詰め軍は、城を救うため攻城軍に「後詰め決戦」と呼ばれる戦いを挑むのです。

リッチドッグ 事故物件に住んでみた 動画 まとめブログ Haunted House