リッチドッグ 事故物件 Youtube 動画 まとめブログ

リッチドッグ チャンネル 幽霊の言葉 サマリー

[S3-ep10] すき焼き で幽霊達と鍋パーティー

本題

昨年、鶏肉で簡単な鍋パーティーをした。
その時の事を、つーちゃんが楽しかったと教えてくれたので、久しぶりに鍋パーティーをした動画です。
押入れの前で「水炊き」を食べてるだけの動画

今回は贅沢に”すき焼き”をしました。食べ終わった後に、いつもの感想を聞きます。

【使うもの】
①声まね人形
②歩く人形

※動く人形の描写や、影や音の描写は最小限にして発言を記載します。
※視聴者イラストも著作、肖像権の観点から掲載を省きます。

特別なお供え

20:38「ありがとうございます」
つーちゃん
つーちゃん
20:51「私が鍋の話をしたことを覚えててくれたんですね!」
つーちゃん
つーちゃん
21:03「皆での食事とお二人の会話が可笑しくて、好きなんです」
つーちゃん
つーちゃん
21:17「山中さんがあくびをした後、宮本さんが玉ねぎの話をするのが、いつも笑ってしまいます」
つーちゃん
つーちゃん
21:38「私も同じことを思っていたので。フフフ!」
つーちゃん
つーちゃん
22:54「せっちゃんねぇ、お野菜食べれるよ!」
せっちゃん
せっちゃん
23:14「お鍋したら、ここ良い匂いになった!」
せっちゃん
せっちゃん
23:29「せっちゃん、今日はちゃんと良い子に座ってたよ!」
せっちゃん
せっちゃん

今回はここまで

” すき焼き ” に関連する情報

すき焼き 歴史 wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%8D%E7%84%BC%E3%81%8D
日本では幕末になるまで、牛肉を食べることは一般には行われていなかったが、別に「すきやき」と称された料理は存在していた。古くは江戸時代前期の寛永20年(1643年)に刊行された料理書『料理物語』に「杉やき」が登場しており[4]、これは鯛などの魚介類と野菜を杉材の箱に入れて味噌煮(砂糖は使用しなかった)にする料理である。さらに享和元年(1801年)の料理書『料理早指南』では、「鋤やき」は「鋤のうへに右の鳥類をやく也、いろかはるほどにてしょくしてよし」と記述されている。また、文化元年(1804年)の『料理談合集』や文政12年(1829年)の『鯨肉調味方』にも具体的な記述が見られ[4]、使い古した鋤を火にかざして鴨などの鶏肉や鯨肉、魚類などを加熱する一種の焼き料理であった。他にも、すき身の肉を使うことから「すき焼き」と呼ばれるようになったという説もある。この魚介類の味噌煮の「杉やき」と、鳥類・魚類の焼肉という「鋤やき」という2種類の料理が、「すき焼き」の起源として挙げられている[4]。

すき焼き のレシピ一覧 全65件

https://www.ebarafoods.com/recipe/cla_menu/05/